かえかえ君 ver.1.2

「かえかえ君」は、ウィンドウのプレビュー表示とホットキー切り替えを統合的に提供し、ゲームや業務を支援するツールです。

はじめに

できること

「かえかえ君」には大きく分けて2つの機能があります。
・複数のウィンドウをプレビュー表示する
・ホットキーでウィンドウを切り替える

このツールのプレビュー表示でウィンドウを監視し、注目したいときはホットキーでアクティブにする運用が可能です。
ゲーム、監視カメラ、Webサイト、株やFXなどのチャート、これらをプレビュー表示で監視しつつ、必要な時に大きく表示するような目的に向いています。

例えばこうした流れでの利用が可能です。

  1. メインモニタに4つのゲームをウィンドウモードで最大化(ウィンドウがモニタ内で重なっている状態)
  2. サブモニタに「かえかえ君」で各ゲームのウィンドウをプレビュー表示
  3. プレビューで各ウィンドウの状況を確認しつつ、操作が必要になったらホットキーで切り替え

各ウィンドウは最大化表示されているため、ウィンドウを分割表示するより快適に使用できます。

便利な使い方

ゲームの場合、ゲームパッドの付属ツールなどでホットキーをコントローラーに割り当てると、手元で切り替えができ便利です。

仕組み的に2台以上のマルチモニター環境での利用を推奨しますが、シングルモニタでも画面端に固定する機能を利用することでプレビューと作業を両立できます。

画面イメージ

マルチモニタで使う場合

モニタを2つ並べ、左側モニタにWord・Excel・PowerPoint・Publisherを最大化して重ね、右側モニタに「かえかえ君」を最大化して配置し、ウィンドウを登録。

「かえかえ君」の中でウィンドウ2のPublisherをクリック。

1モニタを占有し、最大化のまま切り替えられた。

シングルモニタで使う場合

1画面のみで使う場合は、画面端に固定するのが便利。
下記イメージではマルチモニタの左側のみ使用。

まずは左側モニタの左端に「かえかえ君」を固定し、パネルを縦配置にして、幅を調整。
選択中のPowerPointは最大化しつつも、「かえかえ君」に重ならないように表示されている。

「かえかえ君」の中でウィンドウ4のWordをクリック。

最大化の領域は変わらず、Wordに切り替えらえた。

安全性について

ウィンドウのプレビューはOSと同じ仕組みを利用しており、画面キャプチャや内部処理への介入などは行っておりません。
同様の処理として、タスクバーのアイコンの上にカーソルを持って行った際に表示される小さなプレビューや、Windowsキー+Tabキーでのタスク切り替え時に表示されるプレビューなどがあります。

ネットワーク機能は一切使用しておらず、外部通信も行っておりません。
保存する情報は画面表示周りの設定のみで、選択したウィンドウの履歴なども保存しません。

最後に

このソフトが業務や趣味の一助になれば幸いです。

なお、こちらのソフトは【寄付歓迎】となっております。
寄付の有無でソフトの動作が変わることはありませんので、ご安心ください。

暫定版

現在暫定版はリリースしておりません。
公開中のver.1.2が最新版です。

動作環境

  • Windows Vista以降(Aero有効化必須)
  • .NET Framework 4.5

開発環境

  • Windows 10 Pro (x64)
  • Visual Studio Community 2015

高速なプレビューの仕組みなど、技術的な話に興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

かえかえ君のしくみをざっくり解説

インストール方法

  1. 最初にソフトウェア使用許諾を確認してください。
    同意できない場合は利用できません。
  2. .NET Framework 4.5をインストールします。
    Windows 8以降は標準で入っています。Windows VistaやWindows 7ではWindows Updateか下記から入手してください。
    Microsoft .NET Framework 4.5
  3. 配布ZIPファイルからインストーラー[WWWWswch.msi]を取り出し実行します。

最新版入手方法

このサイトからダウンロード。
かえかえ君 ver.1.2

Vectorからダウンロード
かえかえ君の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se511509.html

アンインストール方法

  1. Windows 8.1までならコントロールパネルから、Windows 10なら設定アプリから「かえかえ君」をアンインストールしてください。
  2. 設定ファイルはアンインストール後も残っています。不要であれば手動で削除してください。
    設定ファイルはユーザーごとの設定フォルダ内の[ShowG_しょーぢ]フォルダに[WWWWswch.exe_Url_xxx\x.x.x.x]の形式で生成されているので、フォルダごと削除してください。
    ※既定では[C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\ShowG_しょーぢ]にあります。
    バージョン情報ダイアログのバージョン表記部分をダブルクリックするとフォルダが表示されるので、事前に削除しておくと楽です。
    ※設定ファイルはオプションダイアログでOKボタンを押したときのみに生成・更新されます。

使用方法

起動方法

  1. インストールした[WWWWswch.exe]を起動します。

起動オプションが2種類あります。

起動オプション[/N]

WWWWswch.exe /N

ホットキーを無効化するオプションです。

複数起動してホットキーは使わない監視を行いたい場合に便利です。
ホットキー無効化のかえかえ君を画面端に固定して小さい画面で監視、普通に起動したかえかえ君ではホットキー切り替えな監視、こんな組み合わせで使えます。

このオプションを設定済みの項目を、スタートメニューに「かえかえ君(ホットキー無効)」として登録してあります。

一括登録オプション[/P]

WWWWswch /P:プロセス名

指定したプロセス名のウィンドウを起動と同時に一括登録するオプションです。
[/P]の後に半角コロンとプロセス名を空白を入れずに記入してください。

WWWWswch /P:mspaint

大文字小文字は識別しません。
プロセス名はウィンドウ選択ダイアログで確認できます。

同じプロセスを監視したい場合、事前に起動しておき、このオプションでまとめて起動時に登録すると早いです。

ウィンドウの選択

  1. ウィンドウを表示したいパネルを右クリックし、「ウィンドウを選択する」を選択します。
  2. 起動中のプロセスのうち、ウィンドウタイトルを持つものがリストアップされます。
    右側にプレビューが表示されるので、確認しながら選択します。
  3. 表示するウィンドウが決まったらそれを選択状態にし、「ウィンドウ全体を選択」か「ウィンドウの内側を選択」を押します。違いはウィンドウの枠をキャプチャ対象に含めるかどうかです。
    ※ストアアプリは枠表示有無以外もプレビュー動作が不安定なのでご注意ください。
  4. パネルにプレビューが表示されます。
  5. パネルをクリックすると該当ウィンドウがアクティブになります。

ホットキーによる操作

既定で下記のホットキーでウィンドウ選択ができます。
ホットキーはオプションで変更できます。

  • Ctrl + テンキー7 : ウィンドウ1を表示
  • Ctrl + テンキー8 : ウィンドウ2を表示
  • Ctrl + テンキー4 : ウィンドウ3を表示
  • Ctrl + テンキー5 : ウィンドウ4を表示
  • Ctrl + テンキー2 : 次のウィンドウを表示(ローテーション切替)
  • Ctrl + テンキー1 : 前のウィンドウを表示(ローテーション切替)
  • Ctrl + テンキー3 : ウィンドウ切替ツール自体を表示
  • Ctrl + テンキー0 : ウィンドウ切替ツールと登録ウィンドウを最小化

JoyToKeyやゲームパッド付属のツールなどを利用してホットキーをゲームパッドのボタンに割り当てると、ゲームパッドからウィンドウ選択操作などができるようになり、便利です。

様々な使用方法

画面端に固定する

右クリックメニューの「画面端に固定」サブメニューから画面の上下左右に固定することができます。
固定した領域を占有するので、他のアプリを最大化しても重なることはありません。
固定位置とパネルのレイアウトとは連動しないので、別途設定してください。

20150926_3

幅・高さは右クリックメニューの「画面端に固定 → 固定サイズ変更」から変えられます。

固定サイズは既定で25%になっており、最大で50%まで設定できます。
サイズは安全のため記憶しません。

ローテーション切替対象から外す

右クリックメニューの「ローテーション切替対象」のチェックを外すと、ローテーション切替から外れます。
プレビュー表示は見たいが、頻繁に切り替える必要がない場合に便利です。

プレビューの配置方法を変える

既定の「2×2配置」の他に「横配置」「縦配置」があります。
右クリックメニューから変更できます。
監視カメラや株チャートのプレビュー表示など、画面の端で小さく並んでいれば良いものは縦配置や横配置が便利です。

パネルを入れ替える

右クリックメニューの「パネル入れ替え」サブメニューから入れ替え先のパネルを選択することで、内容を入れ替えることができます。

常に最前面に表示

右クリックメニューの「常に最前面に表示」のチェックを入れると、このツールが常にすべてのウィンドウより前に表示されるようになります。

オプション設定

右クリックメニューの「オプション」から各種設定を変更できます。
詳細は設定画面内の説明文を参照してください。

バージョン情報

この製品のバージョン情報や各種リンクが掲載されています。

バージョン表記箇所をダブルクリックすると設定ファイルフォルダが開きます。
設定ファイルの場所を確認したいときなどに利用ください。

既知の問題

  • 開発環境のWindows 10 Pro(x64)でしか動作確認していないため、他の環境でどのような動作するか不明です。
    お問い合わせやコメントなどから動作報告いただけると幸いです。
  • 例外処理はがっつり組んでいません。落ちるときはスパっと落ちると思います。
  • Operaなど一部のウィンドウは複数のウィンドウが1つのプロセスにまとまっているため、ウィンドウを分けて選択できません。表示したいウィンドウをアクティブにしてから選択すればそのウィンドウが登録される場合もあります。
  • 最小化したウィンドウのプレビューは正常に表示されません。
    最小化から戻せば正しく表示されるようになりますが、復帰時に拡大表示されたり切れたりするなどおかしくなることもあります。
    OSの仕様なので、回避策が見つかるまでこのままです。
  • ストアアプリのプレビューは正常に表示されないことが多々あります。
    全く表示されなかったり、更新されなかったり、枠の内側だけキャプチャにしてるのに枠もキャプチャされたり、途中でプレビューが更新されなくなったり。
    デスクトップアプリと挙動が色々と違うのが原因のため、諦めてます。
  • ウィンドウがアクティブにならなかったり、アクティブになった際にアイコンが通知の点滅になることがあります。そのウィンドウ本体をクリックすればおさまります。
    OSの仕様なので、回避策が見つかるまでこのままです。

履歴

2015/10/19:Version 1.2

  • 機能追加
    • パネルの入れ替え
    • ウィンドウ選択ダイアログに絞り込み機能を追加
  • 修正
    • パネルを左クリックしたときだけウィンドウをアクティブ
    • 画面端に固定する前にウィンドウサイズを一旦標準に戻すようにした
    • 各種ダイアログを出す際のウィンドウ表示順制御を調整
    • ウィンドウの選択ダイアログのコントロール間の隙間を調整
    • インストーラーで作成するスタートアップメニュー項目の修正
    • ホットキー無効化で起動しても、オプションダイアログを使用できるようにした
  • その他
    • ベクターに登録(申請中)

2015/9/26:Version 1.1

  • 機能追加
    • 画面端に固定
    • ホットキー無効化オプション[/N]
    • プロセス一括登録オプション[/P]
  • 設定追加
    • 配色関連設定
    • パネル番号表示設定
  • 修正
    • メニューをOS標準のメニューに変更
    • ウィンドウ選択ダイアログでプロセス名も表示
    • ダイアログにある説明テキストの頭を4ピクセル下げた
    • ホットキー無効化で起動した際、オプションダイアログを使用できないようにした

2015/9/20:Version 1.0

  • 公開

コメント

  1. より:

    >>動作環境
    .NET Framework 4.5

    ですが2016 年 1 月 12 にて.NET Framework 4.0、4.5、4.5.1サポート終了します
    4.5.2は対応済みでしょうか?

  2. より:

    当環境では(win8.1 64Bit)動作しない。

  3. >kさん
    情報ありがとうございます。
    よろしければ、どの時点でおかしくなるのか、もしくはエラーメッセージなどあれば教えてください。

  4. >うさん
    コメントありがとうございます。
    現行版は4.5を対象のフレームワークとして作成しており、4.5.2でも動作します。

    Microsoft .NET Framework サポート ライフサイクル ポリシーの
    https://support.microsoft.com/ja-jp/gp/framework_faq/ja-jp
    > 6. .NET Framework 4.5.2 を使用するためにアプリケーションを再コンパイル/再ビルドする必要がありますか。
    > .NET Framework 4.5.2 は、.NET Framework 4、4.5、または 4.5.1 上の互換性があるインプレース更新です。
    > つまり、以前の .NET 4.x バージョン上に構築されたアプリケーションは、引き続き .NET Framework 4.5.2 上で実行されます。
    > アプリケーションの再コンパイルは必要ありません。

    次リリース以降は4.5.2か4.6への対応を予定しております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です